1つ選べ.


術後の栄養管理上の注意点に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 問56. 診療報酬における栄養食事指導料の算定に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。 (1) 外来患者は、初回20分の栄養食事指導で算定できる。 (2) 小児食物アレルギー患者の外来栄養食事指導料は、9歳未満の場合に算定できる。 (3) 入院栄養食事指導料は、入院期間中に3回算定できる。 (3) pegは, 開腹して胃瘻を造設する手術である. 問54. 26-122 栄養における診療報酬・介護報酬算定に関する記述である。正しのはどれか。1つ選べ。 (1)食道がん術後は、入院栄養食事指導の算定対象となる。 (2)外来患者は、経口移行加算の対象と … 正しいのはどれか.
高齢者の栄養指導に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。 a 個人差が大きいので、対象者の生活環境や身体特性を十分考慮して栄養管理を行わなければならない。 b 感覚機能低下や歩行機能低下などから、過剰栄養に注意する。 (2) 経鼻経管法では, カテーテル先端を回腸に留置する. (正)がん患者は、入院栄養食事指導料の算定対象に含まれます。 5. 5 経腸栄養法に関する記述である. [7] 肝硬変の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。 (1) 腹水がある場合には、エネルギーの摂取量を制限する。 (2) 食道静脈瘤がある場合には、亜鉛の摂取量を制限する。 (3) 高アンモニア血症がある場合には、脂質の摂取量を制限する。 食物アレルギーに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 問55. (1) 肝硬変患者の経腸栄養剤は, 芳香族アミノ酸が強化されている. 4. (誤)在宅患者訪問栄養食事指導料は、医師の指示に基づき、管理栄養士が患者宅を訪問し、栄養食事指導せんに従って食事の用意や摂取に関する指導を30分以上行ったときに発生します。 問. 広範囲熱傷患者の急性期の病態と栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)血管透過性は、低下する。 (2)尿中窒素排泄量は、減少する。 (3)高血糖をきたす。 (4)水分を制限 … 重症外傷患者の栄養代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 問57. 特定給食施設における栄養管理の留意事項に関する記述である。誤っているのはどれか。1 つ選べ。 食事提供の計画は、利用者の状況を把握して行う。 栄養の情報提供は、媒体活用等により行う。 栄養管理の評価に必要な情報は、適正に管理する。