ソニーのレンズ交換式カメラにはaマウントとeマウントの2種類のマウント規格があります。 マウントとは、ボディとレンズを接合する部分のことです。ボディとレンズのマウントを合わせて装着し、お互いを認識させることで、撮影ができるようになります。 一眼レフ・ミラーレス一眼のマウントとは、レンズの取り付け土台(または規格)のことを言います。 メーカー名とはまた違いますし、一眼レフ初心者にはわかりにくい用語ではないでしょうか。 マウント選びと使えるレンズはセットになっ …

一眼レフの「マウント」は様々な種類があるため、交換レンズが自分のカメラに合うのかわかりにくくなっています。 このページではマウントの種類一覧表とレンズ交換で間違えないマウント組み合わせ表をご紹介しています。 1. ソニーのミラーレス一眼レフカメラのα7やα9でニコンのレンズを使う方法について分かりやすくまとめました。NikonレンズをSonyのカメラに装着したいけど何を選んだら良いのか分からない!という方の参考になれば幸いです。アダプターはK&F Concept社製やCommlite社製のCM-ENF-E1 PROがあります。 マウントアダプターがオーバーインフ気味に設計される理由。 それが、 「設計上の誤差を吸収するため」 。 マウントアダプターは、あくまでもカメラボディやレンズのメーカーと関係のない、第三者(サードパーティ)による製品です。