フォークリフトのナンバープレート. ナンバープレートの見方について. 緑ナンバーや白ナンバーなど、ナンバープレート(自動車登録番号標)には法律的な意味があります。今回は、運送業者の方のためのトラックを中心とした緑ナンバー(一般貨物自動車運送事業許可)のガイドとして、取得のメリットや税金、取得方法、申請条件までまとめました。 ナンバープレートの色は、自動車と軽自動車で分けられ、更に自家用と事業用で分けられています。軽自動車の場合は、自家用が黄色地に黒色文字が使用され、事業用(運送業など)は、黒色地に黄色の文字が使用されています。 運転できない んです。 え〜 って思われた方が. 一番小さなナンバープレートです。 大きさは横23cm、縦12.5cmのナンバープレートです。 この小型ナンバープレートをつけているのは バイク・原付ですが、 2輪の軽自動車や、軽2輪車、小型特殊自動車も この大きさのナンバープレートをつけています。 農地などで使う小型特殊自動車は、道路を走らなくても軽自動車税の申告は必要です。 新しく取得または、現在お持ちの農耕作業用等の小型特殊自動車でナンバープレートが付いていないものがありましたら、すみやかに 税務出納課 課税係 または 屈足支所 で申請し、交付を受けてください。 タクシーが付けているナンバープレートなので、知っている人も多いと思います。 この色の組み合わせは、人や荷物の運搬を行う事業用(営業用)の登録自動車に交付されています。 小型特殊自動車の運転免許で.

ナンバープレートがついていても. 公道を運転できますか? 答えですが、 実は 小型特殊自動車の運転免許で. 多いかもしれませんが、 緑色の小型特殊登録の. 一般的なフォークリフトは、小型特殊自動車に分類され、軽自動車税の対象となります。 公道を走る場合には、軽自動車税の申告をして、ナンバープレート(緑色の標識)を取得する必要があります。 自動車には個別に識別する為にナンバープレートが付けられています。 このナンバープレートは正式には、普通自動車・小型自動車・大型特殊自動車のものを「自動車登録番号標」、軽自動車・二輪車などのものを「車両番号標」といいます。