フォレスターは発進時から回転数をグッと上げたトルクフルな発進が特徴的でした。 自然さとかスムーズさで言ったらrav4に分がある のかなと感じます。 ただ、 坂道を走ってみると、パワー、トルク不足が露呈してきます。

スバル・フォレスターといえば、いまやスバルの看板モデルと言っていいほど人気が高いSUVだ。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施した。オーナーだからこそわかる燃費、長所、不満をみてみよう。 スバルの新型フォレスターを初試乗をした。先代モデルからどう変化したのか?ライバル車であるエクストレイルとcx-5には勝てるのか?ライバル車との徹底比較も行った。新型フォレスターの魅力にせまる。 新型フォレスター車両重量が1,640kgとヘビー級でありながら、自然吸気の2.0Lエンジンでもスペック不足、更にモーターもスペック不足というように、全く無意味なハイブリッド車というように感じてしまうのは私だけでしょうか? フォレスターアドバンスと2.5リッター車の違いをまとめてみたよ! 2018年10月15日 uplife55 【フォレナビ】2018新型フォレスター情報ブログ 「変わってない?」と言われる!?!? 新型フォレスターの進化を確かめよ!! 先代は3,500rpm以下の駆動力は不足していたが、新型フォレスターではちょうどいいパワーだ。 しかも、4,000rpmを超えれば加速が活発になり、適度にスポーティーな走りも楽しめる。