こんにちは、高橋です。 今日は一日レッスンが入っていなかったので白樺湖ロイヤルヒルスキー場の全コブをいろいろな滑り方で滑ってみましたので参考にしてみて下さい。 まずはゲレンデ一番下にあるコブをバンクラインで […] コブの肩をねらうライン取り。 コブの頂点にスキーが位置づけされるのでテールを自由に操作でき、不規則なコブでも適応性が最も高い。肩の部分で必要に応じてスキーを横にしてコントロールが出来る。 高低差は最も大きく衝撃も大きい。 コブ攻略にハマっていまして、今年もその季節がやってきますそこでみなさんからお知恵を拝借したく、書き込みました。コブ攻略に適したスキーブーツは何でしょうか?できれば今年のモデル、または入手可能と思われる去年のモデルから教え

桜が咲き始めているというのに、スキーをしてきました。富士山の麓にある私のホームグラウンド、ふじてんです。ふじてん雪はかなり少なくなっていますが、スキー場上部のコブ斜面には雪がたっぷり。新宿、横浜、静岡から90分で到着。まだまだいけますよ!

ユースホステル併設のコブ斜面専門スキースクール。コブが出来ないと悩むスキーヤーの駆け込み寺。 難解なスキー理論は一切排除した、画期的指導をお約束いたします。 タイトルにもあるように コブ斜面を滑る時に たまに出てくるワードで 「コブも小回りも一緒だよ!」 というものがあります。 トップ選手でも この様なニュアンスを 発信している方は 多いですね。 あなたは、 コブと小回りが一緒と聞いて どう感じるでしょうか? 「初心者がコブを完走できるようになるには」の1~6回目までの記事で、初心者向けのコブの滑り方をご紹介してきましたが、今回はコブ初心者に適したスキー板と、練習に適したコブ斜面について考えてみたいと思います。 こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。コブが好きで得意な私がコブに向いたスキー板の選び方をお伝えします。一番重要なのは、長さとか幅とかフレックスではなく、実は、、、、「ラディウス」なんです。rです。半径です。これが一番重要な要素。 それは、整地を滑れる筋力があることです。 「人をバ〇にしているのか!」 と怒られそうですが、いたってまじめです。 正確に言うと、整地をある程度のスピードを出してターンすることができる ほんの少し条件は付きますが、スキーを愛する大多数の方にあてはまると思います。 前提条件.

それは 次のコブに早く行こうとせず、 ちゃんと今の入っているコブに 寄り添っていく というイメージが必要です。 ちょうど2019年4月号の スキーグラフィックの特集でも 井山啓介選手が 【コブはストックをつく方に 頭を寄せろ! コブは楽しいですね。今でこそコブ中心のスキー生活を送っていますが、以前はコブは苦手でした。物心ついたころからスキーが体に染み込んだ雪国育ちと違い、40代になってコブに目覚め、亀のようにゆっくりと上達していった過程で感じたことを共有できればと スキーのコブの滑り方を探していませんか?この記事ではまったくコブを滑れなかった私があるきっかけで攻略した経験をド素人の目線から詳しく紹介しています。この記事を参考にすることでコブを攻略のきっかけになるかもしれません。どうぞご覧ください!