moveは200万部を突破した、nhkの動画と講談社の図鑑を組み合わせた画期的な図鑑です。他の図鑑にはない、動物や恐竜が動きだすようすを是非ご覧ください。 【小学館の図鑑NEO】3つ目の理由: 図鑑の中の情報量が多い 図鑑が3歳から小学生高学年まで対応で、 大きくなってからも十分に読み応えのある内容 になっていること。 実は、moveの図鑑は写真がメインで文章量もとい、 情報量が少なめなんです。 →あとで詳しく説明します。 2歳からの動く図鑑MOVE nhkのスペシャル映像つき『はじめてのずかん』 脳医学者がつくった「賢い子」を育てる 画期的図鑑の第3弾登場です! 講談社の動く図鑑 MOVE

本屋さんの図鑑コーナーの一番目立つ場所で売られている 「講談社の動く図鑑move」と「学研の図鑑live 」。 我が家はmoveを揃えていますが、息子が好きな分野のものは両方あります。 両方を読み比べて … 大人気のdvd付き恐竜図鑑。図鑑御三家「小学館neo」「講談社move」「学研live」のうち、どの図鑑を買うべきか…。そんな方へ、気になるdvdの中身と、図鑑本体の見開きページを分かりやすく比較できるようにしました。 累計370万部を超える大人気の「動く図鑑MOVE」シリーズから満を持して登場した、 ポケットサイズの『MOVEmini』シリーズ。 持ち運びに便利なサイズで、7月の第1弾発売以来、重版続々で大変な人気になっています。 そんな「MOVEmini」の第2弾として「危険生物」と「星と星座」が11月21日に同時登場… 絶対おすすめできない…「講談社の動く図鑑 move 危険生物」が、かなりキテるw 2019年10月23日 先日、息子の誕生日祝いをじいちゃんばあちゃんに買ってもらったのですが、かなり問題あるブツだったのでここで紹介します。 学研の図鑑 live. プレゼントにも人気の図鑑。どれを買うべきか悩ましいところです。「小学館の図鑑neo」「講談社の動く図鑑move」「学研の図鑑live」「ポプラディア大図鑑wonda」の特徴を比較して見ました。 スマホやタブレットを図鑑にかざすと、動物や昆虫の動くようす、恐竜などの3darが見られます。 図鑑連動の動画やarでより理解が深まります。 ※図鑑により、対象となるコンテンツ(3dar・動画)が異なり … 講談社の動く図鑑MOVEに、ポケットサイズでデジタル図鑑付きのMOVE miniが登場。「MOVEラボ研究員・第一期生オーディション」「最強生物決定戦・MOVE大甲子園」Twitterキャンペーン実施中! 9 … これまでの図鑑が詳しく・たくさん載っていることを重視していたのに対し、 moveはdvdと一緒に見る図鑑なんです。 スマホをはじめ映像教材になれている現代の子どもにmoveは大ヒットを記録。 学研の図鑑 live は、 情報量多め、ハイクオリティのリアル写真が豊富 、となっており、 小学館neo と 講談社move の中間、良いとこ取り、といった感じで3社の中では一番、バランスの取れた図鑑です。. 【小学館の図鑑NEO】3つ目の理由: 図鑑の中の情報量が多い 図鑑が3歳から小学生高学年まで対応で、 大きくなってからも十分に読み応えのある内容 になっていること。 実は、moveの図鑑は写真がメインで文章量もとい、 情報量が少なめなんです。 →あとで詳しく説明します。 図鑑に興味を持たせるキッカケ・分かりやすさと、知的好奇心の一歩 として、子供目線を重要視するのであれば、 『講談社move』 がおススメ! 逆に、長期的に図鑑を長く活用させることが目的であれば、 『小学館neo』 が良い。ということになりますね! 累計370万部を超える大人気の「動く図鑑MOVE」シリーズから満を持して登場した、 ポケットサイズの『MOVEmini』シリーズ。 持ち運びに便利なサイズで、7月の第1弾発売以来、重版続々で大変な人気になっています。 そんな「MOVEmini」の第2弾として「危険生物」と「星と星座」が11月21日に同時登場!