作業場所の近くまでこまめに高 所作業車を配置し、安全帯を使 用して作業を行う。 作業中に工具を落下させる 4 3 7 ② 工具類は、落下防止用の紐を取 り付けて使用する。 事例② 掘削作業中のバックホーのバケットが作業員に激突 バックホーがバランスを崩

* 高さが 5m 以上の場所で、墜落により労働者が危害を受けるおそれのある業務 高所作業車運転士 高所作業車運転特別教育受講者 鉄骨の組立等作 業主任者 吊り足場(ゴンドラの吊り足場を除く)張出足場又は高 リスクアセスメント責任者及びリスクアセスメント推進者は、危険性又は有害性 に関する資料として、次の資料を収集する。 ① 作業手順書、作業標準(操作説明書、マニュアル) 30 建設労務安全 26・4 災害事例とリスクアセスメント 建設機械・クレーン等災害(その10) 労働安全コンサルタント 浮田 義明 今月は、積載形トラッククレーン、高所作業車、油圧ショベル(バックホウ) 先日、車を運転していると、とあるトンネルで工事が行われていました。 片側通行の規制を行い、天井付近で作業しているようでした。 トンネルの天井は道路より数メートルの高さにあります。 そのような高所で作業するのは、人が背伸びをしても届きません。 屋外照明器具 (ポール式)取付け作業(高所作業車に係る作業を含む) 移動式クレーンによる玉掛け作業. リスクアセスメントにより、他の安全設備のほうが、その仕事の内容や作業期間では、よりよい防護策となることがはっきりと示されない限りは、これらの墜落防止策が優先される。 * 高さが 5m 以上の場所で、墜落により労働者が危害を受けるおそれのある業務 高所作業車運転士 高所作業車運転特別教育受講者 鉄骨の組立等作 業主任者 吊り足場(ゴンドラの吊り足場を除く)張出足場又は高 リスクアセスメント 高所作業が行われる前に、徹底的なリスクアセスメントが、実施される必要がある。まだレベル2の 資格取得のため訓練している際に、監督や経験を積んだ他の人が行うリスクアセスメントで、何がそこ 荷役作業の現場にある様々なリスクを見つけ出し、災害に至る前に、先手を打って対策を施し、 リスクの除去・低減措置を行い、更なる労働災害の減尐を図るための手法の一つがリスクアセス メントです。 建設業 電気設備工事のリスクアセスメント作業手順書を用意しました。基本作業(脚立作業、ローリングタワー作業、高所作業車作業など)と電気工事各作業の作業手順書ひな形です。アレンジしなくてもそのまま使えると思います。 高さ・深さ2m以上(身長1.7m以上は「頭頂3.7m」)の箇所で、機械設備組立・解体、点検、屋 根上・足場の組立解体、開口部などでの作業では、墜落・転落の危険性があります

リスクアセスメントの実施支援システム ; 職場のあんぜんサイト; 使用する際の 留意事項. 第 荷役作業におけるリスクアセスメントの実施例. 2 リスクアセスメント作業手順書例(高所作業車の作業) 6 これは、リスクアセスメントの見積り手法を取り入れて作成した、高 所作業車の作業についての作業手順書の例です。 この作業手順書では、危険性又は有害性を特定し、リスクの見積りを キュービクル設置作業.