保存された資格情報は「資格情報マネージャー」で確認できる. 資格情報マネージャーを開くには、タスク バーの検索ボックスに「 資格情報マネージャー 」と入力し、 [資格情報マネージャー コントロール パネル] を選択します。 [Web 資格情報] または [Windows 資格情報] を選択して、管理する資格情報にアクセスします。 用語「Windows認証」の説明です。正確ではないけど何となく分かる、IT用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典です。専門外の方でも理解しやすいように、初心者が分かりやすい表現を使うように心がけています。 つまり、クライアントの資格情報は送信されません。 クライアントが IIS サーバーから 401.2 応答を受け取った後は、IIS が匿名認証ではなく Windows 統合認証を使用するように構成されているクライアントが理解しています。 ではまいります。 Windowsのスタートメニューを開いて「資格」とタイプするとメニューの一番上に「資格情報マネージャー」が現れるのでクリックすると資格情報マネージャーが起動します。 Microsoft Edge を使用して認証を要求する Web サイトにアクセスした時、資格情報を入力するダイアログで有効なユーザー名とパスワードを入力し [OK] ボタンをクリックしても、資格情報の入力を再度求められ、認証を完了できない場合があります。 最初に匿名認証が試行され、続いて Windows 統合認証、ダイジェスト認証 (該当する場合)、最後に基本認証 (クリア テキスト) が試行されます。 統合 Windows 認証 (IWA) とは、トランスポート・レベルのセキュリティーを提供するために使用される、NTLM、Kerberos、および SPNEGO の一連の認証プロトコルを指します。HTTP ノード、SOAP ノード、または REST ノードを使用しているときは、IWA によって保護されたサービスを任意のオペ …