交通事故の加害者は、検察官に起訴されると刑事裁判になります。刑事裁判になったとき、どのような流れで行われるのか、処罰の内容、費用など不安なことが多くあると思います。今回の記事では、交通事故の刑事裁判について詳しく説明していきます。 交通事故を起こしてしまうと、民事上の損害賠償義務を負う責任や、罰則を受ける刑事責任に加えて、行政上の責任を負います。そして行政上の責任として課される処分が行政処分です。今回は行政処分とは何かについて解説していきます。 交通事故・交通違反事件の刑事手続の流れ . 自動車保険や損害賠償など金銭問題に終始するイメージが強い交通事故ですが場合によっては刑事事件に発展する事も。交通事故が刑事事件に発展する基準は何なのでしょう。今回は交通事故が刑事事件になるケースについて解説します。ご参考になれば幸いです。

1 逮捕.

交通事故示談交渉の森閲覧者へのメッセージ:「交通事故に遭うと、今までのように仕事を続けられなくなったり相手の保険会社の言い分に納得できなかったりして、被害者の方はさまざまなストレスを抱えておられると思います。 交通事故の加害者は、警察での取り調べが終わった後に、検察庁から呼び出されます。ここが、起訴されるかされないかの大きな分岐点となります。ご存知の方も多いでしょうが、起訴されてしまい裁判となった場合は、99.9%の確率で有罪となってしまいます。 交通事故は突然起こってしまう可能性がありますし、交通事故が刑事事件になってしまうことも十分に考えられます。もしも逮捕されてしまった場合には、前科がついたり懲役になってしまったりする可能性があります。そのため、交通事故の加害者になってしまった 交通死亡事故を起こしてしまった場合には、どのような流れで判決が決まるのでしょうか。 石上晴康先生「交通死亡事故を起こしてしまった場合、逮捕されてから警察の取り調べ等を受け、その後48時間以内に検察庁に引き渡されることになります。 交通事故・交通違反事件で警察に逮捕された加害者・違反者または容疑者は、警察官による取調べ等を受け、48時間以内に検察庁の検察官に送られる(いわゆる検察官送致・送検)ことになります。