厳密には、アスペクト比の規格ではなくスクリーンサイズの規格である。規格は縦9m以上、横25m以上の湾曲したスクリーンである。横縦比は約2.88:1。 初期のシネラマは、図のように同時駆動させた3台の映写機で映写する方式だった。 この設定例は、両モードともフルスクリーン時に1600×1200の解像度にし、 256ドットモードは「1536×1200」、320ドットモードは「1600×1200」のサイズで描画します。 さらにもう1つ、このオートモードスイッチでの「crtモニタ向け」のおススメ設定内容も cccで設定は拡張ディスプレイにして、シアターモード(フルスクリーン)に設定して アスペクト比をソースビデオに合わせるにしています。 ※設定画面をアップします。 このとき、動画を再生すると次のようになります。 1. アスペクト比固定拡大機能のないワイドモニタで、4:3の比率のゲームをプレイすると画面が横に伸びてしまいます。そこで、アプリケーションとDirectXの間に介入し、ソフトウェア的に拡大するソフトウェアを作りました。 ※東方シリーズ(風神録以降)では、より新しいコアを使用した Windows 10とDirectX 9の組み合わせで起こるトラブルがありましたので、質問させていただきます。 私のPCモニターは1920x1200ドットですが、いくつかのゲームでは1920x1080ドットを選択してフルスクリーン表示でプレイしています。先日まで使っていたWindows 8.1では、上下が60ドットずつ切れる(黒 … ここで言う16:9や4:3とは、「アスペクト比」といわれる画面の比率のことを指します。 16:9は「ワイド」とも呼ばれ、横長の画面を指します。 4:3は「スタンダード」とも呼ばれ、ブラウン管テレビのような正方形に近い比率のことです。 .embed-responsive.embed-responsive-**by* は下記の「アスペクト比の種類」から選択; フルスクリーン表示に対応するため