ミラーレス化(フランジバックが短くなる)することでレンズは小型軽量となり、既存のfマウントレンズより携帯性が良くなるのでしょうか? 良くなるのであればfマウントレンズを揃えるより、新型マウント専用レンズを待った方が良いかもしれません。 feマウントの将来性はsonyがミラーレス機を出し続ける限り存在すると言っても過言では無いでしょう。 少なくとも開発ロードマップが示されている訳ですので、これの将来が無い=SONYの将来が無いと言うことになります。
Nikon Rumorsが、ニコンが今後発表する可能性がある新型カメラとレンズをまとめて掲載しています。 カメラ DXフォーマットのミラーレスカメラ2〜3機種(2019年) D6(2019〜2020年) D750後続機(2019年後半) 新型COOLPIX(ハイエンドコンパクトカメラが登場する可能性は引き続きあ … 最近、ミラーレスの台頭によって将来的に一眼レフが無くなるのではとささやかれています。残念ながら、そうなってしまう可能性を否定し切ることは難しいです。しかし、一眼レフが魅力あるカメラの形であることは間違いありません。では、そんな一眼レフの魅力とは一体何なのでしょうか? よく「EOS Kiss Mで使えるレンズ、おすすめのレンズを教えてほしい」と尋ねられます。「このレンズはEOS Kiss Mでも使えますか?」という質問もあります。そういった疑問に答えるためにキヤノンのミラーレス一眼カメラで使えるEF-Mマウントレンズについて解説します! 最も将来性のあるマウントは、ソニーのeマウントと富士のxマウント! キヤノンとニコンのミラーレスは失敗で、Lマウントは行き詰まっている! 645マウント ミラーレスカメラと一眼レフの将来性はどうだろうか? ミラーレスカメラはレンズ交換式デジタルカメラの救世主になるのだろうか? この問題をニコンやキヤノンがミラーレスカメラ市場に本格的に参入した昨年秋以来ずっと考えていた。 もしくは、RFマウントのAPS-Cミラーレスを作るつもりですか? Yoshiyuki Mizoguchi:それは将来の製品開発のことなので、詳細について言及することができない。そして、マーケットが我々がどうすればいいか、ある種の方向性を示してくれるだろう。