下記のようにマクロ関数内でテンプレート等を書く場合にカンマを使用すると、式が評価される前に引数として扱われるのでエラーになります。 #define STATIC_ASSERT(expr) static_assert(expr, #expr) // error: too many arguments provided t… あなたはdefineを使ってますか? defineはC言語で自ら定義した文字列を定数や式で置き換える場合に使用します。 この置き換える処理のことをマクロ処理といいます。定数や式を自ら定義しその定義をコードの中でたくさん使う場合には、defineを使ってマクロ処理をしておくと便利です。 C言語には、あらかじめ定義されたマクロがあります。これらはC言語の規約(C99)で決められているもので、規約に準拠しているコンパイラならどのコンパイラでも使用可能です。この定義済みのマクロ名は#defineや#undefの対象にしてはいけません。 __DATE__ マクロ定義におけるすべての引数名は括弧で囲むこと。「PRE00-C. 関数形式マクロよりもインライン関数やスタティック関数を使う」と「PRE02-C. マクロ置換リストは括弧で囲む」も参照。 違反コード. (c言語ではその様な変数がないのでオブジェクト形式マクロを使わざるを得ません。 また、確かに関数よりも高速な関数形式マクロですが、計算機(パソコン等)が高速計算可能になるにつれて、 そのわずかな速度の差はさほど気にならなくなりました。

マクロ展開ではかっこ内のように角括弧内のカンマを無視できません。 (これは、大括弧と括弧の場合も同様ですが、通常は釣り合いのとれたペアとして発生します)。マクロ引数をかっこで囲むことができます。 FOO((std::map), map_var); #define CUBE(I) (I * I * I) 同じテーマ「マクロVBA入門」の記事. 第6回.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub) 第7回.マクロを実行するには(F5) 第8回.セルに文字を入れるとは(Range,Value) 第9回.Rangeでのセルの指定方法 第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns) 第11回.RangeとCellsの使い方 以下の CUBE() マクロ定義は、引数名を括弧で囲んでいない。. が指定されたパラメータには、ユーザーはカンマ区切りで可変個の引数を指定する。 可変引数マクロ内で、受け取った可変個のパラメータを使用するには、__va_args__識別子を指定する。