Googleスライドは、縦書き機能がないことを知っていますか。この記事では、Googleスライドでは縦書き入力ができない代わりに、スライドで縦書きする裏技や文字を縦向きにする方法、テキストボックスを追加する方法をご紹介します。

Googleスプレッドシートは表計算ソフトとして便利ですが、さまざまな機能があります。シート上に作成したテキストボックスを挿入できるのもそうのような機能の一つです。Googleスプレッドシートでテキストボックスを使用する方法を紹介します。 Googleドキュメントの便利な機能をご紹介します。仕事やプライベートで文章の作成やデザインを他の人と共同で行うことがあるかと思います。その時に非常に便利なGoogleドキュメント。知っている様で知らない便利な機能を15つご紹介します。 2017年2月24日。 スプレッドシートが正式にテキストの縦書き対応したことを、GoogleがG Suiteアップデートブログで発表しました。 この記事では今までできなかった、Googleスプレッドシートの(セルの)テキスト表示を縦書きにする方法をご紹介します。 これまで「Google ドキュメントを使ったことはあるけれど、いまいち活用しきれていない」といった方向けに、よく使われているアドオンや裏技など一歩進んだ使い方もあわせてご紹介します。またGoogleドキュメントのオフィスシーンで仕事の効率化を実現するための活用法なども解説します。 縦書きにしたい文を左側のテキストボックスに記入し「縦書きに変換」ボタンを押してください。 右側のテキストボックスに縦書きに変換された文が出力されます。 (携帯用はこちら) ワードでテキストボックスの作成方法から移動や選択、削除、編集のやり方までご紹介しています。テキストボックスは自分がドラッグした位置にテキストを配置できる便利なツールです。編集内容は多岐にわたり、細かい設定が色々と可能です。 GoogleドキュメントはMicrosoft Word のように使えるソフトです。作成したファイルはGoogleドライブに自動保存され、共有すれば複数人で同時にファイルの編集を行うことができます。また、スマホやタブレットでも利用できるため、外出先でも編集が可能です。 Google ドキュメントでの縦書きですが、標準機能では不可能です。 縦書き機能が Google ドキュメントには 搭載されていないためです。(2019/08/27 現在) Google ドキュメントで縦書きを実現するには、代替案を使う必要があります。 本記事では、「Google ドキュメントにテキストボックスを挿入する方法」を説明します。 テキストボックスに関連し、「ワードアート(縁取り文字)の挿入方法」についても説明します。 テキストボックスを挿入する方法 Google ドキュメントにテキストボックスを挿入する方法を説明します。 Pagesを使用して縦書きの文書を作る事が出来るので紹介します。 Pagesを使っての縦書きはできないことはないが、違うソフトを使うことをオススメします。 ですが、一応縦書きでもできるは出来るのでそのやり方を紹介したいと思います。 Pagesで縦書きはできない! GoogleドキュメントとWordの違い。それはクラウド上に文書を保存し、簡単にチーム内で共有したり編集を加えたりできることです。今回はそんなGoogleドキュメントの基本的な使い方と、仕事や文書作成を効率化する裏ワザをご紹介します。 Googleドキュメントは、無料とは思えないほどに高性能なテキストエディタです。当ブログ「マケフリ」の編集部でも、Googleドキュメントを利用しています。 縦書きツール. Googleドキュメントの基本的な使い方とチームでの共同編集の仕方.