60歳以降生年月日・性別に応じて定められた支給開始年齢になり要件を満たすと、60歳代前半の老齢厚生年金(「特別支給の老齢厚生年金」)が受給できるようになります。 また、65歳になって要件を満たすと、老齢厚生年金が受け取れます。

年金q&a (厚生年金の加入(被保険者)) Q. 60歳以降厚生年金に入っても、老齢基礎年金額はもう増えない. 国民年金とは異なり、70歳まで加入する可能性のある厚生年金。60歳以上では、労働収入と年金収入の合計によって、年金額が減らされてしまう可能性がありますが、長生きすれば支払った分は十分ペイできることも計算で示されました。 65歳以上のフルタイムで働く従業員は、厚生年金保険にも加入する義務がありますか。 160030-681-329-000 更新日:2012年3月7日 印刷する 65歳からもらえる老齢基礎年金の年金額は、20歳以上60歳未満の40年間(480月)のうちの何月公的年金に入って保険料を納めたか、によって決まるのが原則です。 会社に勤めたときは、必ず厚生年金保険に加入するのですか。 私は、パートタイマーとして勤務しています。社会保険に加入する義務はありますか。 65歳以上のフルタイムで働く従業員は、厚生年金保険にも加入する義務がありますか。