こんにちは! 税理士の脇田みきです。 前回、「青色申告承認申請書」の書き方についてお話しました。 これを出しておけばこれからは青色申告♪ 税金がお得になる♪♪ でも気を付けないと、この青色申告を取り消されてしまうことがあります。 今回は、どうすると取り消されてしまうのか? の「両方」を満たす場合なのです。 (増差所得は関係ありません) 調査官が青色申告の取消をチラつかせた場合でも、 青色申告をするために必要なこと、白色との違いなどについてまとめました。 青色申告とは? この国の所得税は、納税者が自分自身の税金を計算して申告をします。ただ、テキトーな申告されたら国は困っちゃいますよね。
ポイント:個人事業主の場合、期限内に申告しなくても青色申告の承認は取り消されない。ただし、期限後申告の場合の青色申告特別控除額は65万円から10万円に減額。こんにちは、川越市の税理士・関田です。前回は法人の青色申告の取消しについてご説明しました。 今回は青色申告の取消しについてお話します。税務上のメリットが多いので、どうしたら取れ消されるのか?どうしたら阻止できるのかをご説明させていただきます。 なお、青色申告承認が取り消されても、承認申請をして認められれば再び青色申告法人に戻ることができます。ただし、再申請ができるのは、青色申告承認取り消しの日から1年後からとなるので注意が必要です。 <情報提供:エヌピー通信社> 青色申告特別控除が受けられなくなる.

青色申告が取り消された場合の一番のデメリットは、 取り消された事業年度の赤字(欠損金)の繰越ができなくなる ことです。 第2期が赤字だったら、もし3期目が黒字に … 青色申告ではなくなるのですから、当然青色申告特別控除も受けられなくなります。 青色申告特別控除は10~65万円とありますが、これが減ることによって 税金も 数万~十数万円程度 増える ことになってしまいます。 ですから、青色申告は取り消されないのです。 つまり整理すると、青色申告取消の定量的要件は、 A:②×50%<③ B:③≧500万円.

法人の実務で青色申告に関して必要となる知識のすべてを、元国税調査官で税理士の私が徹底解説します。法人を設立したら、まず真っ先にすることの一つとして、税務署に青色申告の承認申請書を提出し、青色申告法人になることです。平成29年の国税庁の統計で が、ここで青色申告の取り消しとなってしまえば、これまで当たり前の様に使っていた控除などが使えなくなってしまい、税金を多くおさめることに・・!ということもあり得ます。 参考『法人の青色申告の承認の取り消しについて/国税庁』
青色申告者は「所得税の青色申告承認申請手続」を提出して承認を受ける必要がありますが、その承認が取り消されてしまう場合があることをご存知でしょうか。どんなときに承認が取り消されてしまうのか。ケース別に解説していきたいと思います。 青色申告取り消しのデメリット. 破産法人の税務申告はどのように期間を区切って行うか? 事業年度・課税期間の規定はどうなっているか? 申告全般のチェックポイントは?(破産手続開始決定~残余財産確定) 法人税は申告せず、消費税の申告だけを行う、というのはアリか? 法人の青色申告の提出期限はいつ?青色申告にするのに要件はある?青色申告のメリットは?このような疑問にお答えします。有力な情報満載ですのでぜひ一読してみませんか? ところが、青色申告の承認取り消しをきめている所得税法150条では、上の4号規定がないんです。 (^^)b 法人は、2年間無申告だと、取り消されちゃうけど、個人の場合は、それだけでは取消になりません。 法人の場合は9年間繰り越されますから、過去の欠損金の存在を確かめる必要があります。一般的に、無申告などの理由による青色申告の取り消しは、事業年度をさかのぼって取り消されたということではなく、青色欠損金はまだ控除できることが多いのです。 なお、青色申告承認が取り消されても、承認申請をして認められれば再び青色申告法人に戻ることができます。 ただし、再申請ができるのは、青色申告承認取り消しの日から1年後からとなるので注意が必要です。 <情報提供:エヌピー通信社> 法人の青色申告に関する網羅的な情報を知りたいですか?本記事では、法人の青色申告の概要、要件、提出期限、承認、メリット、帳簿書類の種類、帳簿書類の保存期間、却下、取消しを解説します。これから法人の青色申告を受けたい方は是非記事をご覧ください。