オペロンゴム、アンタロンゴムとかシリコンゴムなど呼ばれています。 じゃぁ、どれを使えばいいの!? 違いは何?! 皆様お悩みかと思います。 【オペロンゴム】 ポリウレタン 100% の繊維状のゴムを幾重にも束ね、石の「吸い付き」を良くしたゴム。 パワーストーンブレスレットのゴムにはアンタロンゴムとオペロンゴムがあり、それぞれ特徴が異なる為、使う用途や好みによって使い分けることができます。よく使われているのはアンタロンゴムで、シリコンゴムと呼ばれています。 シリコンゴム素材の基礎を解説。 シリコンゴムとは、位構造、主な特性、安全性、工業用途例、加工・成形例。シリコンのあれこれ、シリコーンとシリコンの違い、カタチ、歴史、主要メーカー。など様々な角度からシリコンゴムを解説しています。 一般的なゴムは熱と圧力で熱硬化させます。このことを加硫・架橋と呼びます。一部の液状シリコーンゴムなどは自然硬化するタイプもあります。プラスチックは原材料を溶かして金型内で冷やして固めますが ゴムの場合は熱を加えて固めます。 一言でゴムと言ってもその特徴や用途は様々なものがあります。石井精工では、プロとしてお客様のご要望に沿ったゴム材を用いたゴム金型の製造を行います。

オペロンゴムとシリコンゴムの違いを詳しくご説明します。つけ心地も違うので、オペロンゴムで仕上げたブレスレットが好きという方もおられますし、シリコンゴムの方が好きという方もおられます。ちなみに私はシリコンゴムが好きなので、当店では基本的にシリコンゴムで仕上げています。